高血圧症や慢性疾患者の薬の服用に関する悩みベスト5!

高血圧症や慢性疾患者の薬の服用に関する悩みベスト5!

降圧剤

ある調査グループによる高血圧症や慢性疾患患者対象に
薬の服用に関するアンケート結果を行った結果以下の様な回答を得ました。

 

60代、70代を中心に共通の悩みは

薬の飲み忘れだった。

 1日の服用回数が3回以上になると、どうしても飲み忘れることがあるようです。

 

薬によっては1日に飲む量をまとめて飲めず、1回あたりの量が決められているものが大半です。

 

朝まとめて1度飲めばOKというわけにはいかず、
仕方のない面もありますが、薬の量と回数が増えれば忘れる回数も増えるのも仕方ないようです。

 

2番めに多かった悩みは

いつまで薬を飲み続けなければならないかということでした。

高血圧症や慢性疾患の場合、
一生飲み続けなければならないと言われていますが、
本当に飲み続けなければならないのか不安だそうです。

 

薬をやめるタイミングも難しいし・・・

 

ある医師によると、高血圧症の場合、データーによっては
夏の暑い時期が薬をやめるタイミングだそうです。

 

ただこれも自分では判断できないので
必ず専門医の先生の指導のもとに行わなければいけません。

 

3番めに多かった悩みは

薬の副作用でした。

ある症状を治すために飲む薬が、他の症状を誘発したり
より重い症状になるのが副作用です。

 

人間個々によって違うため、難しい面があります。
厚生労働省で認められた薬でも副作用で命を落とす人や
症状がより重くなる人もいるからです。

 

4番目に多かった悩みは

薬の効果に対する疑問です

薬を飲み続けていても、治療効果が実感できない。
治療が必要だと言われ薬を飲んでいるが、果たして必要なのかどうかという疑問などです。

 

5番目に多かった悩みは、

費用に関するもの

薬代も保険がきくからといっても、何年も飲み続ければばかにならないという意見もありました。

 

薬に頼り過ぎる国民性も問題ですが、
医師もこれらの不安を和らげる充分な説明も必要ではないでしょうか。

 

血圧が高めの方へ。理研ビタミンのおいしいトクホ


高血圧が気になったら

薬もキツイ運動も不要

最短たった3日で血圧安定!画期的な食事療法公開中!

◆>>>高血圧改善プログラム<<<◆


マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。



関連ページ

高血圧は、薬で下げるのが良い
上が140前後ですぐ血圧を下げる薬(降圧剤)に頼る医師は、ちょっと疑問視されるのではないでしょうか。現役のお医者さんの中にも、上が180を超えてなければ、無理に薬で下げる必要はないっと断言している方もみえます。降圧剤は、血圧の数値を下げることはあっても、高血圧症の根本的な治療にはならないからです。
降圧剤の種類と効能
高血圧の治療改善には、まず生活習慣の改善が重要です。中でも食生活の改善で血圧をコントロールするのがベストだと言われています。ただ薬で血圧を下げなければいけない場合もあります。上が180以上下が100以上の場合は、薬という選択肢もひとつの方法です。
高血圧の薬と副作用
血圧を下げる薬(降圧剤)は、長期服用が原則ですからいろんな副作用も心配です。血圧を下げる薬(降圧剤)を服用するとどうしても血流が悪くなってしまうので、めまいや動悸、だるさ、ほてりやむくみなどの症状が出る場合もあります。
無理に血圧を下げ過ぎると認知機能が低下する?
最も良好とされる最高血圧128mmHg以下のグループが認知機能検査において一番低得点だった。血圧を無理に下げ過ぎると、脳へ十分な血液が行き渡らず脳の機能に何らかのダメージを与えて認知機能障害を引き起こすのではないかということが予測されます。
高血圧の薬、やめるタイミングは?
高血圧は、薬で下げるよりも食生活の改善で下げたほうがベストだとはわかっていても、薬は急にやめてはいけないと医者に言われています。薬をやめ、食生活の改善で高血圧を改善するにはどのタイミングで血圧を下げる薬をやめたらいいのでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ