血圧が高くなるのを防ぐには

血圧が高くなるのを防ぐには

血圧が高くなるのを防ぐには、薬による方法と食事による改善方法があります。

 

現在日本では、高血圧の基準は以下のように定められています。

 

重度の高血圧症は

上(収縮期血圧)が180以上、下(拡張期血圧)110以上

 

軽症の高血圧症は

上(収縮期血圧)が140〜159、下(拡張期血圧)90〜99

 

正常値は

上(収縮期血圧)が130未満、下(拡張期血圧)85未満
となっています。

 

ただ測定時の状態で、たとえば運動後や緊張している場合
血圧は通常値よりも高くなります。

 

では、どうして血圧は高くなるのでしょうか。

 

高血圧は、食事から摂取する塩分に関係があり、高血圧は、食塩の取り過ぎが原因で、食塩を多く摂っている人ほど血圧が高いということが一般的に日本では言われていますが、原因は定かではありません。

 

個人差が大きく、人によっては、塩分を多くとっても血圧が高くならない人もいれば、塩分を減らすことで高血圧が改善する人もいます。

 

血圧が高くなる原因の一つに血管が狭くなるということがあります。
血管が傷つきそれを修復するために、物質が付着し血管が狭くなるのです。

 

この血管を傷つける物質の一つに糖が考えられます。
とって糖質を制限した食事法は高血圧改善に効果的だと言われています。

 

血圧が高くなるのを防ぐには、薬で血圧を下げるという選択肢よりも、やはり食事療法で血圧を下げるほうが薬の副作用の危険もなく安全に行えるのではないでしょうか。

 

血圧が高めの方へ。理研ビタミンのおいしいトクホ

高血圧が気になったら

薬もキツイ運動も不要

最短たった3日で血圧安定!画期的な食事療法公開中!

◆>>>高血圧改善プログラム<<<◆


マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。



関連ページ

高血圧を予防するには
高血圧症になるといろいろな合併症や、動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中などの死に至る病で倒れる場合もあります。高血圧症になると、降圧剤と言われる血圧を下げる薬が処方されますが、この降圧剤には、様々な副作用もあり万全な治療方法とは言えません。
高血圧予防と運動
高血圧症に運動は必要?高血圧で治療をしていると、必ず医師から言われる言葉で「適度な運動をしましょう。」と言われます。運動療法という言葉もあるくらいですから、運動は、高血圧症治療には大切なものだと思います。
高血圧改善と治療方法
高血圧症で悩んでいる方は、年々増えているのではないでしょうか。血圧が高いとなぜいけないのでしょう。それは、皆さんご存知のように血圧が高いと様々な合併症を引き起こすからですね。では血圧をコントロールし高血圧を改善するにはどうすればよいのでしょうか。
血圧を下げる効果のある食材は?
血圧を下げる効果のある食材は?ある調査グループの研究でフルーツ、野菜、低脂肪乳製品の多い食事で血圧が下がることが実証されました。
高血圧予防には、塩分摂取量よりカリュウムの摂取量
つまり高血圧症になるリスクは、ナトリウムの摂取量の多少にかかわらずカリウムの摂取量が多いほうが少なくなるということがわかったのです。味気ない減塩食で我慢している高血圧症の方でも、塩分を気にせず普通食が食べれるということです。
妊娠中の肥満は、うつ症状を招く?
肥満タイプの妊婦の方がうつ症状のリスクが若干高くうつ症状のある妊婦は、妊婦は妊娠時の合併症リスクが増え肥満タイプでうつ症状がある妊婦は、妊娠高血圧症等の妊娠合併症を併発するリスクが最も高くなるという結果です。
高血圧症になると発症しやすい病気☆最新情報
便秘解消から血圧を下げる効果まである“腸活エクササイズ”
血圧を上げる要因としては、ストレス、運動不足、肥満、塩分摂取量過多などが一般的には知られていますが、便秘などの腸内環境の乱れも血圧を上げる因子の一つだということが分かってきました。腸内環境を整え、便秘を解消することで血圧が下がることも分かっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ