高血圧と脳疾患(脳卒中とは)

高血圧と脳疾患(脳卒中とは)

手のしびれ脳梗塞

高血圧症が怖いのは、血圧が高い状態が続くと
動脈硬化を招き、様々な血管障害を起こし最悪命に関わる場合もあるということです。

 

高血圧症は、自覚症状が少なく気が付きにくい病気です。
ですから常日頃の血圧管理は大切です。

 

自宅で計れる血圧計も2〜3千円から販売されているので
40代以上になれば、是非一つ家庭に備え血圧管理をしっかりしたいものです。

 

高血圧症になると脳卒中になりやすいとよく聞きますが
脳卒中とは、どのような病気でしょう。

 

脳卒中とは

●脳梗塞 ●脳内出血 ●くも膜下出血の総称です。

 

脳梗塞は、脳内の血管が詰まることで起こる病気です。

 

また脳内の血管が破れて起こるのが脳内出血・くも膜下出血です。

 

これらの脳疾患は、時間との勝負です。
兆候から発症後4〜5時間以内の適切な処置が行われないと
命を落としたり思い後遺症に悩ませられる結果になります。

 

ではこれらの脳疾患の兆候とは、どのようなものでしょう。

脳梗塞・脳内出血の場合

手足や顔のしびれ、ろれつが回りにくい言葉です。

 

くも膜下出血の場合

激しい頭痛と嘔吐が主な初期症状です。

 

これらの初期症状や兆候はいずれも突然やって来ます。
もしこれらの兆候が見られたら速やかに救急車等で病院へ行かないと
最悪命を落としたり、思い後遺症に悩まされます。

 

これらの脳疾患にならないためには
常日頃の血圧管理は大切ですね。

 

定期的な検査でコレストロール値の把握も大切です。

 

血圧が高めの方へ。理研ビタミンのおいしいトクホ


★自宅で計れる家庭用血圧計

高血圧が気になったら

薬もキツイ運動も不要

最短たった3日で血圧安定!画期的な食事療法公開中!

◆>>>高血圧改善プログラム<<<◆


マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。



関連ページ

高血圧症の症状
高血圧症の症状は、いわゆる生活習慣病と言われる糖尿病などの病気と同じく自覚症状がほとんどない病気です。ですから、日頃ほとんど気づくことなく過ごしていて、気がついたら手遅れという場合も少なくありません。
血圧が高くなる原因
血圧が高くなる原因を知り、よく理解することが高血圧改善には欠かせない第一歩です。では、血圧が高くなる原因とは?・・・
なぜ血圧が高いといけないの
自分が高血圧と診断されても、体の調子が悪くなければ、なんとなく良いだろうと思う方は少なくないのではありませんか。一般的に血圧が高いといけないと言われますが、なぜ血圧が高いといけないのでしょうか。
高血圧になりやすい人
血圧が高くなる原因を知り、薬や減塩では、血圧が高くなるのを改善できないことを理解すれば、高血圧も決して怖い病気ではありません。高血圧の薬を飲むと脳梗塞が2倍になるのは何故?薬で血圧を下げる危険を知りましょう!
高血圧の原因は塩!は本当?
果たして高血圧の原因は、本当に塩なんでしょうか?減塩運動が始まって以来50年余り、高血圧症の患者は増えることはあっても、全然減ってはいません。アメリカの「国民栄養調査」のデーターを元に食塩の摂取量と病気になる羅患率の関係を調査した結果によると・・・
もしかして高血圧?っと思った時はかなり深刻かも!
高血圧症は、別名サイレントキラーと言われているようにほとんど自覚症状らしきものがありません。しかし自覚症状がないからといって放置するのは危険です。健康診断等で、医師から「少し血圧が高めですね」っと言われた時点で食生活等の改善をし、それ以上高くならないようにしなければなりません。
最近頭痛が多く・・・て思っていたら、原因は意外・・・
最近めまいや頭痛に悩ませられているということで不安になり脳の精密検査を行った結果、異常なし。脳には以上はなかったんだが、調べてみると高血圧症だということがわかった。医者が言うには、めまい頭痛の原因は、血圧の高さからきていると言われたそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ