高血圧対策|薬で下げるのは危険?「降圧剤」の副作用

◆血圧を下げる薬を飲み続けると脳梗塞が2倍?

なぜ血圧を下げる薬を飲み続けると脳梗塞が2倍になるのでしょうか。

 

 

2006年12月31日の日経新聞に掲載された、東海大学の医学部教授・大櫛陽一先生の論文によると
"血圧を薬で下げている人は

薬を使わない人より脳梗塞になる確率が2倍になる・・・"とあります。

 

その記事によると

 

  「福島県郡山市の健診データと、全国の脳梗塞を起こした人の
   データとを比較した。
  脳梗塞経験者で降圧剤治療を受けている割合は45%、
  未治療は13%。
  一般住民で高血圧と診断されている人で治療中は27%、
  未治療は16%だった。
  降圧剤治療で脳梗塞の発症率が二倍になる可能性がある」と
  あります。

 

上が180、下が100程度までは、降圧剤は必要なし。

※安易に薬を飲むと副作用の方が怖くなる。

 

『高血圧は薬で下げるな』(角川・新書版)という著書の中では
「上が180、下が100程度までは降圧剤は必要なし。
安易に薬を使うとむしろ副作用の危険性が高まる」
「血圧の薬でガンの発生が高まる」

 

とまで書かれています。

 

つまり薬で血圧を下げれば健康が維持できるという科学的根拠はないのです。

 

主な降圧剤の種類と副作用

●β遮断薬
 心臓の心拍出量を減らし収縮力を弱め血圧を下げる。
 副作用:不眠、頭痛、めまい、心不全の顕在化、気管支喘息の誘発・悪化、末梢神経の血流の悪化など。

 

●ACE阻害薬
 血圧をあげる酵素の邪魔をして血圧を下げる
 副作用:せき、発疹、かゆみ、血管浮腫、高カリウム血症、腎機能の低下など。

 

●利尿薬
 尿量を増やすことにより体内の水分を少なくし血液量も減らすことによって血圧を下げる。
 副作用:低カリウム血症、高尿酸血症、再生不良正貧血、腎不全など。

 

●カルシュウム拮抗薬
 血管が拡がり血液の通る量が増えることで血圧を下げる。
 副作用:むくみ、便秘、顔面紅潮、動悸、心不全、腎機能障害、肝機能障害など。

※1つの薬で顕れる副作用を抑えるためにまた別の薬が処方され、
さらにその薬で顕れる副作用を抑えるためにまた別の… 
と、薬の種類と量はどんどん増えていってしまい、薬漬けになってしまいます。

 

また経済的な負担も大きくなりバカにできません。

 

高血圧はご存知の通り、“生活習慣病”です。

 

生活習慣を、薬で治そうとしていること自体が大きな間違いなのです。

 

生活習慣は、薬では治せません。

 

高血圧に一番良くないのは血圧を気にしすぎて悩むことです。

 

血圧を心配して悩んでかえって高血圧になってしまった人の行動パターンは

  • 血圧を毎日測る
  • 塩分を控えた食べ物を必死で求める
  • 毎日忘れず降圧剤を飲む
  • 血圧を下げる情報に敏感

 

この4つの行動で血圧は正常を保たれているでしょうか。

 

 

◆血圧の高い人は減塩。これって日本だけの常識?
血圧が高くなる原因に、塩分の摂取量が日本では問題にされています。

 

血圧の高い人は、塩分を控えましょう。
塩分摂取量は、1日6g以下に抑えましょう。
血圧が高いと必ず医者に言われるのがこの言葉です。

 

塩分の摂取と高血圧は、なんの科学的根拠もないということが世界の常識なのです。

 

すでに1988年に世界32ヵ国、52の地域の専門機関の協力で行われた大規模疫学調査(インターソルト・スタディ)で食塩摂取量と高血圧には何の関係も見られないという調査結果が発表されています。

 

世界では、30年近く前に非常識だとされていることが、日本では未だに常識となっているのはなぜでしょう。

 

日本では、塩分摂取量の多い東北地方の人は、塩分摂取量の少ない沖縄県民にくらべて若干高血圧の人が多かったことや塩分を殆ど取らないエスキモーの人々に高血圧が見られなかったということから「塩悪者説」が広まったのではないかと言われています。

 

江戸時代に減塩は、牢獄の拷問の一つとして行われたそうです。
塩抜きの食事を与え続けると気力がなくなり、どんなに屈強な男でも簡単に音をあげたそうです。

 

それほど塩は、人間にとってなくてはならないミネラルです。

 

日本人は世界で最も塩を取る民族だと言われています。

 

一日の平均摂取量約10gです。
アメリカ人が8g、ヨーロッパ人が7gだそうです。

 

日本人はここ30年間以上長寿国世界1位の座を守っています。
これは、塩をたくさんとるから長生きなのかもしれません。

 

ただし、高血圧患者で減塩すると極めて高い確率で血圧が下がる人がいます。
ナトリウム感受性高血圧の患者です。こういう人は食塩摂取に厳重な注意がいります。
また降圧剤を飲んでいる人で食塩を制限すると有効な人もいます。

 

しかし、大多数の人は塩をとる量と高血圧の関係は若干の影響はあるものの微々たるものか、ほとんど関係ないといえそうです。

 

このように血圧が高いからと言って味気ない減塩食を我慢して食べる必要はないのです。

 

我慢することでかえってストレスが増え症状悪化の原因にならないように気をつけましょう。

 

 



 

◆高血圧は減塩、降圧剤では改善できません

高い血圧を正常に戻すためには

  • 塩分を控えめにしなければならない
  • 降圧剤を医者の指示通り一生の飲み続けなければならない
  • 多めの水分補給をし、適度の運動をしなければならない

もしこのような考えで血圧を正常に戻したいのなら
その考えを少し改めたほうが良いかもしれません。

 

塩分と高血圧の関係

塩分と高血圧の関係は、殆ど無いという論文も発表されています。


東京大学医学部の藤田敏郎教授の研究によると
日本人の場合、塩分を取っても80%以上の人に
血圧の上昇はみられなかったそうです。

 

つまり、
塩分を控えても血圧は下がらない
ということです。

 

多少多めの塩分を摂取しても腎臓機能が正常なら問題はないそうです。

 

 

普通、医者に高血圧と診断されると
「塩分控えめで適度の運動をやり降圧剤を欠かさず飲むように」言われますよね。

 

しかしここには、危険がいっぱいなのです。

 

血圧を下げる降圧剤の副作用

 

ご存じの方も多いと思いますが、高血圧の薬には、こわ〜い副作用があるのです。

 

血圧を下げる降圧剤を飲み続けている人は、飲んでない人に比べて

 

   脳梗塞になる確率が高いそうです。

 

降圧剤の種類にもよるのですが、
一般的には発疹、頭痛、めまい、咳、冷え、関節炎、
性欲減退、性的不能など、様々な副作用があることが知られています。

 

中でも、最近の研究によると
降圧剤の副作用で脳に与えるダーメージにより

 

痴呆との関係が取りざたされています。

 

また、白内障や緑内障患者の多くが
降圧剤を服用していることが判ってきました。

 

あなたは、

 

いつまで塩分控えめのまずい食事脳梗塞や痴呆の恐れのある薬

 

飲み続けるつもりですか。

 

しかし副作用の危険もない良い方法があるのでしょうか?

 

実は降圧剤の薬も使わず運動も一切せずに
自宅で簡単に誰でも実践できる方法

 

多くの人が成果を上げている方法が紹介されています。

 

高血圧で悩んでいる方や
家族で高血圧の方がいる人に是非教えてあげてください。

 



 

 

◆高血圧の薬を飲まなくても血圧はコントロールできる! その方法とは?

血圧の数値が180〜190だった60歳の女性の患者さんが薬を使用せずに130になったその○○○法とは!

 

薬で下げず、血圧をコントロールする科学的な〇〇○法とは!

 

「血圧の薬は飲み始めたら止められない」と思っているあなたに

  

高血圧の薬をやめるタイミングを適確にアドバイス

 

血圧を心配すると血圧が高い状態になるのには理由があります。

【原因】があって、【結果】があります。その【原因】を知れば血圧は安定します。

 

高血圧で悩む患者さんに薬は使用せず、一番最初にやってもらう簡単ですぐに効果のでる〇〇○とは

 

この○○○法の詳細は
【荒木式】高血圧改善プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法〜をご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ